介護士の今後と将来性。将来性が高い介護士の需要

介護士の今後と将来性。将来性が高い介護士の需要 イメージ

転職や就職先を探す際に、ハローワークや求人サイトで介護士の求人をよく目にすることでしょう。
現在日本は少子高齢化社会のため、介護施設が増え続けており、介護施設で働く介護士の需要も高まっています。

未経験や無資格でも採用可能の求人も多くありますから、介護士への転職を考えている人も少なくないでしょう。
この記事では、介護士の将来性や需要が高まる背景について紹介します。
介護士への転職を検討している方はぜひご一読ください。

 

関連記事はコチラ

介護士の将来

介護士の求人は今後も需要が高まると言われていますが、どのような背景があるのでしょうか。
介護士が今後も安泰と言われる理由についてもご説明します。

 

介護士の需要が高まる背景

現在日本では高齢者が増加する高齢化と、出生率の低下で若年者が減少する少子化が進行しています。
この少子高齢化はしばらく続くと予想されており、今後も高齢者は増加していくでしょう。

しかし、その反面日本は2011年より人口が減少しており、今後も人口は減少する見込みです。
高齢者が増加する中、若者は減る一方ですから、家庭内で高齢者をサポートするのは難しくなることが予想されます。

自宅で生活ができる人には訪問介護、自宅で生活ができない場合は施設等を利用することになるでしょう。
そのため、高齢者の生活をサポートする介護士の需要は確実に高まると言われているのです。

 

介護士が今後の将来も安泰な理由

現在、介護士の人手不足は非常に深刻と言われています。
介護士の離職率は高く、数年で離職してしまう人があとを絶ちません。
要因の一つとして、介護士は女性が多い傾向にあるため、結婚・出産・育児、または親の介護などで仕事との両立が難しいという点が挙げられます。

また、介護士の給与は、全体的な職業の中でも低めと言われています。
体力を使う仕事ですし、夜勤がある職場もあることから、ネガティブなイメージを持たれがちです。
若いうちは働くことができても、長年働くとなると年齢的に体力が衰え不安に感じる人も少なくありません。

このような状況から、介護士への転職者は数年で離職する人が多くいるのが現状です。
そのため介護士がなかなか定着せず、介護業界は慢性的な人手不足となっています。

しかし、今後さらに需要が高まることが予想されていることから、人手不足の解消を図るための対応は必須となるでしょう。
この状況を受けて、介護士が働きやすい環境をつくるため、処遇改善を働きかける動きがあります。
一般的な職種の中では低賃金と言われていた給与も、今後増加することが見込まれます。

処遇改善のため、環境への取り組みも行われています。
介護士は休みが取りづらく、残業が多い職場もありますし、不規則な勤務時間でプライベートを充実させることが難しいと感じている人も少なくありません。
そういった方々のために、病院やコンビニエンスストアを併設させた施設なども整備されています。

また、育児・介護休業法が改正され、1日あたりの労働時間を原則6時間以下にすることが可能になりました。
この時短勤務は、正社員だけでなくパート勤務や派遣勤務でも一定の条件を満たせば利用することができるため、育児と仕事を両立させやすくなっています。

このように、将来的に需要は増え続ける職種であり、慢性的な介護士不足を解消するための処遇改善が今後も期待できることから、安泰な仕事といえるでしょう。

 

実は、雇用条件も悪くない介護士

今後も高い需要が見込まれ将来的に安泰といわれる介護士ですが、実は雇用条件が良いポイントも多数あります。
ここでは、介護士の雇用条件について簡単にご紹介していきます。

 

正社員として雇用される機会が多い

介護士は人手不足が深刻なことから、未経験・無資格でも可能という求人が多くあります。
未経験・無資格でも働くことは可能ですが、身体的な介護には資格が必須となるため、研修制度や資格取得制度を取り入れている職場も多くあるのです。

そういった職場では職員を育てて長く勤務してもらいたいという考えから、正社員として雇用してもらえるケースが多くあります。
一般的な企業の場合、中途採用の正社員雇用は簡単には見つからないでしょう。
このことから、介護士は雇用条件が良いといえます。

 

勤務形態・時間を選びやすい

介護士の働く介護施設は各地域に数多く、形態もさまざまです。
デイサービスのように日勤のみの職場や、入所施設があり24時間365日稼働している職場もあります。
そのため、職場によってさまざまな働き方があります。

日勤だけの働き方を希望するときは、デイサービスのような施設がおすすめです。
24時間稼働している施設であれば、平日の休みを希望しやすく、勤務時間も選ぶことができます。
24時間稼働の施設では、日勤・夜勤だけでなく、早番や遅番もあります。

パート勤務で希望の時間に働くことも可能ですし、育児中の時短勤務もしやすいでしょう。
規模の大きな職場であるほどシフト交換もしやすく、急な休みにも対応してもらいやすいため、育児や介護中の人にとっても働きやすさがあります。

 

働き甲斐もある職場・環境が多い

介護士は無資格・未経験で働くことができますが、働きながら資格を取得することも可能です。
資格を取得することができれば、転職もしやすくなります。
介護福祉士の資格は国家資格になりますから、全国どこでも働くことができるため魅力的です。

また、介護士は中途採用で未経験の人が多くいるため、研修制度が充実した職場が多くあります。
介護士には未経験から経験を積んでいる人が多くいるため、よき理解者となってサポートしてくれることでしょう。

介護士の仕事は肉体的な負担が大きく、大変と感じることもあります。
しかし、利用者さんから直接感謝の言葉を伝えられるなど、やりがいも大きな仕事です。
こういったことから、介護士は働き甲斐の高い職場や環境が多いといえるでしょう。

 

まとめ

ここでは、介護士の将来性についてご紹介してきました。
日本は、少子高齢化によって今後もしばらく高齢者が増え続けることが予想されています。
そのため介護士の需要はますます高まっていくと考えられます。

介護施設は全国各地にありますし、需要が高いことから施設の数は増え続けています。
そのため、希望する条件に合った職場が見つけやすく、育児や介護との両立がしやすい職場を見つけやすいでしょう。

介護士の給与は一般的な企業に比べて安いですが、処遇改善も積極的に行われています。
そのため、今後給与面でも改善していくことが予想されます。
介護福祉士として経験を積むことで、そこからさらなるキャリアアップも可能です。
無資格・未経験で働き始めたとしても、スキルアップやキャリアアップが可能ですから、転職を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

「介護求人ドットコム」なら、介護士の求人を多数掲載しています。
希望する勤務時間や働く地域など、様々な条件で検索できるので、自分に合った働きやすい職場を探してみましょう。

 

介護のお仕事探すなら、下記をクリック!

logo_home

 

関連記事はコチラ
コラムの一覧へ

今週のオススメ介護職員・介護福祉士求人

もっと見る