介護職の可能性を広げる「介護事務スキル」

介護職の可能性を広げる「介護事務スキル」 イメージ

2000年にスタートした介護保険制度。今では、介護福祉施設や事業所が提供するサービスも多岐にわたるようになりました。そこで必要とされるのが、介護保険やサービス利用料に関する介護事務の知識です。今回は、介護職の方が利用者様にサービスを提供するための介護スキルに加えて、介護事務のスキルを身につけることのメリットについてご紹介します。

 

介護職員として仕事をする中で、利用者様やご家族から介護費用について質問されるという場面はよくあること。介護の現場で働いていれば、費用についての知識もあるだろうと思われるのは当然かもしれません。もちろん詳しい説明はケアマネジャーの仕事になりますが、介護事務の知識が全くないスタッフと知識のあるスタッフの受け答えでは、利用者様に与える安心感はおのずと異なってくるでしょう。ですから、介護事務の知識を持つことで、利用者様から信頼され自信を持って仕事ができるようになるのです。

 

また、長期的に介護業界で働くことを考えたときに、体力的な負担の少ない事務職への転向を視野に入れておくこともオススメです。介護事務の知識は、ケアマネジャーや介護・福祉業界で事業の立ち上げを目指す方にとっても必要な知識です。介護職としてキャリアの幅を広げたい方にとっては、身近で習得しやすいもう一つのスキルといえるでしょう。

 

今後ますます需要が高まる介護業界のお仕事。将来性のあるこの業界でどんなキャリアを築いていくのかはあなた次第です。自信をもって長く、自分らしく働き続けるために「介護事務」のスキル習得について考えてみてはいかがでしょうか。

コラムの一覧へ