介護福祉士の仕事内容とは?その魅力をご紹介!

介護福祉士の仕事内容とは?その魅力をご紹介! イメージ

介護職の中で、唯一国家資格を要する介護福祉士。その定義は、社会福祉士及び、介護福祉法第2条第2項に『介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術を持って、身体上又は精神上の障がいがあることにより、日常生活を営むことに支障がある者につき、心身の状況に応じた介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うことを業とする者をいう』と記されています。ちょっとわかりにくいかもしれませんが、要するに今の介護業界を支えている大黒柱的な存在です。「介護福祉士って聞いたことがあるけど、実際はどんな仕事をするの?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃるのでは?そこで今回は、介護福祉士の仕事やその魅力、またどんな人が介護福祉士に向いているのかなど、介護福祉士にスポットを当ててみました。

 

【目次】

介護福祉士ってどんな仕事をする人?仕事内容をご紹介!

介護福祉士に向いている人や魅力は?

介護福祉士がやりがいを感じるのはこんな時!

 

介護福祉士ってどんな仕事をする人?仕事内容をご紹介!

 

2

身体的、精神的な障がいにより介護を必要とする人が、自立した生活、あるいはその人らしい生活を送れるようサポートするのが介護福祉士の仕事です。具体的な業務は身体介助、生活支援、介護の相談・アドバイス、そして社会活動支援の4つ。それぞれどんな業務内容なのか、簡単にご説明しましょう。

 

■身体介助

介護を必要とする人の状態や障がいの状況に配慮しながら、日常生活を送る上で必要な動作の介助を行うのが、身体介助です。具体的には、食事、排泄、着替え、入浴、整容(歯磨きや洗顔など)や居住空間内での移動や外出の際の移動(歩行や車椅子への移乗など)をサポートします。

 

■生活支援

限られた時間の中で、介護を必要とする方がどんな援助を望んでいるか的確に判断し、サポートする仕事。食事の準備や洗濯、部屋の掃除、整理整頓、買い物など、家事全般以外にも、充実した余暇の時間を過ごせるように、また生きがいを見つけられるようサポートすることも業務に含まれています。

 

■介護相談・アドバイス

介護を必要とする方のご家族が直面する問題や相談に応じ、的確なアドバイスを行なうのが主な仕事になります。介護食の作り方やベッドから車椅子への移動の介助方法、ポータブルトイレの使い方など、基本的な介助の方法などを指導する他、介護を必要とする方の身体的・精神的状況や部屋の広さ、形などに合わせた介護用品の選び方などのアドバイスも行います。また、介護方針に関する相談に応じる、時には利用者様の話し相手になるなど、メンタルケアを行うこともあります。

 

■社会活動支援

行動範囲が限られ孤立してしまわないよう、介護を必要とする方が積極的に社会とのつながりを持てるようサポートするのが社会活動支援です。家族や近隣の人たちとより良い関係を築けるよう支援する他、状況や状態に合わせ、参加できるような地域のサークル活動などの情報提供も行います。

 

 

 介護福祉士に向いている人や魅力は?

介護職に向いている人とは、『人のお世話をする事が好』な人、『誰かの役に立ちたい』という思いがある人です。人と接する・人を支える仕事ということもありコミュニケーション能力や体力も必要ですが、責任ある仕事を任される介護福祉士には、他にもこんな条件が求められています。

 

■前向きな人

介護を必要とする方やそのご家族、さらには一緒に働くスタッフなど、日々多くの人と接する介護福祉士。そのため、人間関係で様々な問題に直面することもあり、ストレスを抱えてしまうことも。そんな時、物事を前向きに捉えられる・ストレスを上手に発散できる前向きな人なら、介護福祉士として大いに活躍できるでしょう。

 

■メリハリのある人

介護の仕事は精神的にも肉体的に負担がかかる時もあります。時にはスタッフと意見が食い違ってしまうことや、ご家族からのクレームを受けることもあるでしょう。それだけに、仕事とプライベートを分けて考えられる人、オンとオフをしっかり切り替えられる人でなければ仕事を長く続けることは難しいでしょう。

 

■観察力のある人

介護を必要とする利用者様に最適な援助を行うためには、相手がどんなサポートを必要としているのか、また介護を受けたことでどのような変化があったかなど、状況や変化を敏感に察知できなければなりません。小さな変化も見逃さない、確かな観察力も求められます。

 

介護福祉士がやりがいを感じるのはこんな時!

3

「介護の仕事は大変そう」、そう思っている方もいらっしゃるでしょう。もちろん、介護の現場では大変なこともあります。でもそれ以上にやりがいや大きな喜びも得られる仕事です。介護福祉士はどんな時にやりがいを感じているのでしょうか。

 

■「ありがとう」の言葉をたくさんもらえる

介護を必要とする人はもちろん、そのご家族からも日々感謝され「ありがとう」の言葉をたくさんいただけることは、介護福祉士にとって何よりのやりがいです。誰かの役に立っている、自分を必要としている人がいる、と実感できるため日々の仕事への大きな活力にもなっています。

 

■回復や変化を間近で感じられる

『今まではできなかった事ができるようになった』『自分のサポートで積極的に行動するようになった』『笑顔が増え表情が明るくなった』など、利用者様のちょっとした変化や機能が回復していく過程をご本人やそのご家族と一緒に喜べることには大きなやりがや仕事の手応えを感じる事ができます。

 

■資格があるから一生続けられる

介護福祉士は国家資格ですから、社会的にも評価が高く、介護の現場でも中心的な存在として活躍できます。さらに、経験を重ねることでキャリアップでき、管理職や現場のリーダーなどの上位職に就くことも可能。また、一度退職しても復職がしやすく、一生続けられること、また将来性が大きいことは介護福祉士の大きな魅力と言えるでしょう。
女性が多く活躍している介護福祉士。正社員としてはもちろん、派遣やパートなどライフスタイルに合わせた働き方が選べるため、自分のペースで働くことができるのも魅力です。高齢化が進む中介護施設や事業所も増え、介護福祉士のニーズはますます高まっていくでしょう。また、人手不足を解消するための施策も行われているため、介護福祉士の社会的地位もますます向上していくと予想されます。
介護の仕事に興味のある方、また介護を一生の仕事にしたいと思っている方は、ぜひ介護福祉士の資格取得にチャレンジしてみませんか?

 

■今すぐ介護求人.comでお仕事を探そう!

介護求人.comでは、履歴書の添削や模擬面接も無料でサポートします。

無題

コラムの一覧へ

今週のオススメ求人

もっと見る