有料老人ホームの種類・特徴

有料老人ホームの種類・特徴 イメージ

「介護施設(老人ホーム)で働いてみたい、でもどんな施設が自分に合っているか分からない・・・」「経験はあるけど、他の施設がどのような働き方か分からない・・・」
そんな方のために、介護施設(老人ホーム)ごとの特徴について、「働く上でのメリット・デメリット」という観点からまとめてみました。
今回は「有料老人ホーム」についてです。
種類ごとの特徴を見ていきましょう。

前回の記事「老人ホームの種類・特徴【デイサービス・サ高住編】」

 

【有料老人ホーム(共通)】

 

 

無題

 

運営母体は主に民間企業で、特に食事やレクリエーション等のサービス面が充実していることが特徴です。例えば「一流シェフが常駐し、利用者様ごとにご希望の食事を提供しています」「月に1回寿司職人が目の前で寿司を握ってくれます」等の食事サービスをウリにしている施設や、本格的な歌唱団や歌舞伎鑑賞等のレクリエーションをウリにしている施設等、利用者様に選ばれるために、費用の安い特養や競合の有料老人ホームに負けないよう、企業努力をしている施設が多いです。

 

 

●有料老人ホームで働くメリット

民間企業として競合とサービス力で競い合っているため、社会福祉法人の施設に比べると、利用者様へのサービス面が充実しており、利用者様本位の介護を行いやすい。母体が民間企業の施設が多いため、社員は母体企業の福利厚生等が受けられる施設が多い。

 

 

●有料老人ホームで働くデメリット

利用者は高額な入居費を支払っているため、介護業務だけでなく「サービス面」も高いレベルが求められる施設が多い(言葉遣いや振る舞い等)。

ただ、何をメリット・デメリットととるかはご自身次第です。(例えば上記のデメリットであげた項目に関しては、「サービス業としてのレベルアップができる!」と捉える方もいるでしょう)

 

 

【介護付き有料老人ホーム】

 

 

無題2

 

介護付き有料老人ホームは、都道府県の認可を受け、「特定施設入居者生活介護」というサービスを提供しております。介護スタッフが24時間常駐し、掃除や洗濯など身の回りの世話をはじめ、食事・入浴・排せつ等の介助サービス、また機能訓練(リハビリ)やレクリエーション等のサービスが受けられる施設です。

 

 

●介護付き有料老人ホームで働くメリット

利用者の介護度が幅広く自立~要支援5の方までケアができる。

 

 

●介護付き有料老人ホームで働くデメリット

看取り可能な施設が多いため、介護職未経験の方にとっては衝撃が大きい可能性がある。

 

【住宅型有料老人ホーム】

 

q題

生活支援サービスからすべての介護サービスまでフルパックでついている介護付き有料老人ホームと違い、介護保険サービスを生活相談員と相談の上、自由に選択・利用する点が特徴です。外部あるいは住宅型老人ホーム内に併設された訪問介護事業所やデイサービスを組み合わせ利用するため、ご自身に合ったサービスを受けることが可能です。
介護度が低い方にとっては入居費用を安く抑えられ、逆に介護度が高い方にとっては「介護付き」有料老人ホームの方が安価になると言えるでしょう。
介護付き有料老人ホームと比べ、重度ケアに対応できず、介護度が上昇すると退去せねばならない施設が多いです。

 

●住宅型有料老人ホームで働くメリット

利用者様の介護度が低く、看取りも行わない施設が多いため、介護未経験の方にとっては働きやすい。

 

 

●住宅型有料老人ホームで働くデメリット

介護付き有料老人ホームに比べ、介護度が軽度の方が多いため、レクリエーションが多く、職員は準備に追われているという施設もある。利用者ごとに利用している介護サービスが異なるため、利用者それぞれの生活スタイルを把握する必要がある。

 

 

 

以上、いかがだったでしょうか?

施設のそれぞれの特徴を把握して、ご自身にあった就職先で働きましょう!
次回は【老人保健施設・特別養護老人ホーム】についてお伝えしたいと思います。

介護求人ドットコムを運営する日本教育クリエイトでは、このような介護業界の情報に特化したキャリアアドバイザーが皆様の就職・転職活動をサポートします!

就職サポートのお申し込みはこちら★

 

ドットコム コラム 挿入画像

コラムの一覧へ

今週のオススメ求人

もっと見る