『この時期!ノロウイルス感染注意』

『この時期!ノロウイルス感染注意』 イメージ

インフルエンザの流行と同時に活発化するノロウイルス。1年を通じて感染の危険がありますが、特に12~2 月にかけて感染のピークを迎えます。高齢者の場合、感染するとリスクが高くなるだけに、注意が必要。そこで今回は、ノロウイルスの予防と対処法についてご紹介します。
 

■感染するとこんな症状が現れます。

ILM17_AC0205
ノロウイルスは、食品から感染するケースと飛沫・空気感染があります。食品の場合、感染源と言われている二枚貝や生もの、加熱が不十分な食品を食べたことで感染するケースがあります。また、飛沫・空気感染は、感染した人のくしゃみや空気中のウイルスを吸い込むことで感染します。潜伏期間は12~48 時間と言われており、感染すると吐き気や嘔吐、下痢、腹痛、発熱などの症状が現れます。高齢者が感染すると、持病が悪化したり、重篤化するケースも少なくないので油断は禁物です。
 

■感染した時の対処法は?

ILM17_CAs01054
ノロウイルスには有効な抗ウイルス剤がないため、現れた症状に対して治療・投薬を行います。通常1~3日(長くても1週間)で自然治癒しますが、嘔吐や下痢を繰り返すことで脱水症状を引き起こす危険があるため、症状が落ち着いたら少しずつ水分補給を行いましょう。また、嘔吐を繰り返すと嘔吐物で気道が塞がってしまうこともあるので看護に当たる方は十分注意しましょう。
 

<汚物の処理で注意したいこと>

汚物の処理を行う場合は、必ず使い捨ての手袋やエプロン、マスクなどを着用し、衣服や体に付着しないよう気をつけましょう。処理後は十分な換気や洗浄・除菌を行い、処理を行なった人は念入りな手洗い・うがいも忘れずに。また、処理を行う人以外は汚物には絶対に近づかないことが原則です。
 

■ノロウイルスの予防法。

ILM17_BD0100s5
ノロウイルスはインフルエンザのように予防のためのワクチンがありません。感染しないためには、一人ひとりの注意が必要です。食事の際は生ものは控え、十分に加熱調理しましょう。また、手洗い・うがいを徹底しましょう。手洗いも手のひらだけでなく、手の甲、指の間、爪の中、手首までしっかり石鹸で洗いましょう。
 
 
高齢者施設では、集団感染の危険があるため、施設内での感染注意を心がけるのはもちろん、面会者など外部から施設を訪れる方にも積極的に注意を促し、感染しない、させないことを心がけましょう。
 
 

■今すぐ介護求人.comでお仕事を探そう!

介護求人.comでは、履歴書の添削や模擬面接も無料でサポートします。

無題

コラムの一覧へ

今週のオススメ求人

もっと見る