『介護職の月給が9,530円も増加!』

『介護職の月給が9,530円も増加!』 イメージ

介護の仕事はキツい上にお給料が少ない・・・そんなイメージを持っていませんか?厚生労働省の調査によると、平成28年の介護職員の平均給与は、前年に比べ大幅にアップしているんです!介護職をめざしている方、興味をもっている方には見逃せないこのニュースに、今回はスポットを当ててみました。
 

■給与アップで介護職への期待もアップ!

厚生労働省「平成28年度介護従事者処遇状況など調査結果の概要」によると、介護職員の給与状況は前年に比べなんと9,530円も増加しています。内訳を見てみると、基本給は2,790円、諸手当が2,560円、賞与などの一時金は4,190円と、それぞれアップ。これは、超高齢化社会により介護施設が増え、現場を支える介護職員への期待値やニーズが高まり、待遇改善が積極的に行なわれていることの裏付と言えるのではないでしょうか。
 

■資格取得は大きな鍵になる!


介護の現場では、資格の有無で給与に大きな差が出るケースがあります。具体的には資格の種類によって金額は異なりますが、基本給の他に“資格手当”が出るケースが多くあります。“資格手当”は、正社員の場合は3,000~5,000円、パート職員の場合は時給が500円程度アップ。資格を持っていると大いに有利になります。
 
<資格手当が支給されるケースがある主な資格>
・介護職員初任者研修
・実務者研修
・介護福祉士
・ケアマネジャー など
 

■働きながらの資格取得は難しい!?


資格があると大きなメリットになりますが、働き始めてから資格を取得するのは大変です。初任者研修や実務者研修は通学が必須ですから、働きながら通学の時間を確保するのは難しくなります。働き始める前の取得をおすすめします。
 
 
介護の求人の中には、資格の有無を問わないところもありますが、資格を持っている方が採用されやすいのは事実。就職してから資格を取得しようと考えている方もいらっしゃると思いますが、仕事をしながら資格取得をめざすのは結構大変なので、介護の仕事に就こう!と思ったら、まずは資格取得をおすすめします。三幸福祉カレッジなら、介護の入門資格とも言われている『介護職員初任者研修』が最短1ヶ月で取得可能。ぜひ、チャレンジしてみてください。

 

■三幸福祉カレッジの介護職員初任者研修詳細は↓をクリック

 

■今すぐ介護求人.comでお仕事を探そう!

介護求人.comでは、履歴書の添削や模擬面接も無料でサポートします。

無題

コラムの一覧へ