『無資格でも介護職に就けるの?』

『無資格でも介護職に就けるの?』 イメージ

求人数が多い介護の仕事。やってみたいけど、資格を持っていないからと、諦めていませんか?もちろん、職種や業務内容によっては資格が必要です。でも、資格がなくても介護の仕事に就くことはできるんです。今回は、無資格でもできる介護の仕事をご紹介しましょう。

 

■資格がなくてもできる介護の仕事

介護職の中で資格が必要とされるのは、介護を必要とする方の体に直接触れる仕事(食事・排泄・入浴介助など)や、訪問介護、一人ひとりの状態やご家族の希望に沿った介護計画を立てる仕事に就く場合です。これらの業務に携わるには、『介護福祉士』や『介護職員初任者研修』、『ケアプランナー』と言った資格が必要です。しかし、食事の支度や衣類の洗濯、生活必需品の買い物や薬の受け取りなど、快適な生活を送るためのさまざまな支援に関する仕事は、無資格でもOK。さらに、施設への送迎車の運転も、運転免許があれば、特に介護の資格は必要ありません。

 

■介護の現場で重視されているのは人間性

資格が必要ないとは言え、介護の仕事では、さまざまな能力や人間としての資質が求められます。経験がない場合は誰かに教わる謙虚な姿勢や、周りとの協調性、さらには命を預かる現場であるという自覚も大切です。また、介護職はサービス業だと言われていることから、『お手伝いしてあげている』でななく、『させていただいている』という姿勢で仕事に向かうことも大切です。

 

■採用されるためのポイント

POINT1:介護職を選んだ理由を明確にすること!

「将来、自分の家族が介護を必要とする時に役立てたいから」など、介護の仕事をめざした理由や介護への思いを具体的に伝えることが大切です。また、「将来的には『介護福祉士』の資格取得も考えている」という前向きな姿勢を見せることも、採用されやすい理由になるでしょう。

 

POINT2:めざす介護スタッフ像をしっかり持っていること!

「あなたがいてくれて良かったと言ってもらえるような存在になりたい」、「自立できるようなサポートを行なっていきたい」など、介護の現場でどのような存在になりたいのか、利用者様にどのような支援をしていきたいか。介護に対する考えや思いを明確にしておくことも大切です。

介護の現場で一番大切なのは、介護を必要とする方への心配りです。無資格でも仕事はできますが、将来的には資格を持っているとさらにやりがいのある仕事に携われたり、仕事の幅を広げることもできます。働きながら資格取得を目指すこともできますから、本格的に介護の仕事をめざそうという方には、『介護職員初任者研修』等の資格取得をおすすめします。

 

■今すぐ介護求人.comでお仕事を探そう!

無題

コラムの一覧へ