『看護助手ってどんな仕事?』

『看護助手ってどんな仕事?』 イメージ

看護助手という仕事があるのをご存知ですか?介護・医療サービスの多様化、質の向上が叫ばれる中、厚生労働省は医療機関に対し、積極的に看護助手を配置するよう促しています。そのため看護助手は介護施設や病院でニーズが高まっています。今回は介護・医療業界から注目されている看護助手の仕事をクローズアップしてみました。
 

■看護助手とは?

ILM09_AJ01009
看護助手の主な仕事は、医師や看護師が治療業務に専念できるようサポートすること。入院患者様の身の回りのお世話や入浴・食事・移動の介助、居室の環境整備や患者様のご家族との連絡などです。いわゆるヘルパー業務に携わるため、介護職を目指している皆様におすすめです。
 

■こんな人におすすめ!

ILM09_AL08018
看護チームの一員として活躍する看護助手は、介護施設や病院で働きたいという人にぴったりの仕事です。患者様やそのご家族、看護師やドクターなど、いろいろな人と接する機会が多いため、コミュニケーション能力が高い人、やりがいのある仕事を求めている人におすすめです。看護助手として経験を積むことで、専門的な知識を身につくため、准看護師や看護師へステップアップする人も少なくありません。向上心のある方には特におすすめしたい仕事です。
 
 

■未経験でも大丈夫?資格は必要?

ILM09_AJ06016
看護助手の求人では、経験を問わないケースも多く、介護職の実務経験がない、医療機関などでの仕事は初めてという方でも大丈夫!必須資格はありません。直接医療行為を行なわない看護助手は、国家資格が必要な看護師とは違い資格や経験、専門的医療知識がなくても仕事に就けます。ただし、医療の仕事に携わるため、命に関わる現場で仕事をすると言う意識は常に必要です。また、身体的介助業務が中心となるため、介護の基礎資格である『介護職員初任者研修』の資格を持っていると就職には有利になるだけでなく、自信を持って仕事に携わることができます。この機会に『初任者研修』の資格を取得して、やりがいの大きな看護助手の仕事に携わってみませんか?
 

■三幸福祉カレッジの介護職員初任者研修詳細は↓をクリック

 

■今すぐ介護求人.comでお仕事を探そう!

介護求人.comでは、履歴書の添削や模擬面接も無料でサポートします。

無題

コラムの一覧へ