千葉県では、団塊の世代が75歳以上になる令和7年度には、介護職員が約28,000人不足すると言われています。これに対し、入門的研修の実施や若年層への職場体験、シニア世代の採用促進など県を挙げて支援する動きが出ています。
施設側が人材を強く求めている今こそ、転職のチャンスです!
双方のご希望をできる限り叶え、ご満足のいく転職をサポートいたします。

検索結果

選択中の検索条件
  • 北総エリア
  • 就労・生活支援員
すべて解除

さらに詳しい条件で検索する




お探しの条件での求人は見つかりませんでした。
条件を変更して再度検索してください。


就労・生活支援員 についての詳細はこちら

生活支援員とは、主に身体・知能・精神に障がいを持つ方々の生活をサポートするお仕事です。 具体的には、入浴・排泄・食事など日常生活のサポートや、身体機能・生活能力の向上を目的とした創作・生産活動の支援をおこないます。(就労支援事業所においては、健康管理指導や生活上の悩み相談を受けることなども含まれます。)活躍の場は、障害者支援施設・就労支・・・

介護職が3K(きつい、汚い、危険)と言われていたこともありましたが、千葉県では離職率より入職率が10%近く高い状況にあります。
その背景には、令和元年10月より開始された特定処遇改善加算により、平均月給30万円を超えたこと、また、職員満足度も、処遇改善に加えロボットの導入などが挙げられ、有資格者を中心に改善の方向に向かっているようです。
介護職は、地域や種別に関わらず知識・経験が積み上がり、長く働くことができる職種です。介護職に始まり、生活相談員、サービス提供責任者や施設管理者、ケアマネなど多様な職種・雇用形態のご紹介実績ございます。
世の中がどんな状況になっても必要とされる人材として、活躍してみませんか?

選択中の検索条件
  • 北総エリア
  • 就労・生活支援員
すべて解除

さらに詳しい条件で検索する