愛知県は古くから製造業が盛んなことから、他県と比べ特に福祉・介護業界の人材不足は顕著な傾向となっています。介護職員の有効求人倍率は、全国平均で3.95倍、愛知県はより高く6.19倍であり、全国でも最も高い数値です。
人材不足が深刻な中、求職者の方々に「より選ばれる施設」となるよう、正社員はもちろん、パート就労や夜勤専従、派遣社員など、求職ニーズに沿った幅広い求人が多くあります。

検索結果

選択中の検索条件
  • 名古屋エリア
  • 就労・生活支援員
すべて解除

さらに詳しい条件で検索する




お探しの条件での求人は見つかりませんでした。
条件を変更して再度検索してください。


就労・生活支援員 についての詳細はこちら

生活支援員とは、主に身体・知能・精神に障がいを持つ方々の生活をサポートするお仕事です。 具体的には、入浴・排泄・食事など日常生活のサポートや、身体機能・生活能力の向上を目的とした創作・生産活動の支援をおこないます。(就労支援事業所においては、健康管理指導や生活上の悩み相談を受けることなども含まれます。)活躍の場は、障害者支援施設・就労支・・・

愛知県の有効求人倍率は全産業で1.44倍となっていますが、介護関連の業種に特化してみると5.42倍と非常に高く、依然として深刻な採用難、人材不足の状況となっています。
愛知県内での月間有効求人数は1万件以上もあり、正社員、パート、様々な雇用形態での人員募集がされています。
介護報酬の見直し等で介護職の平均賃金は年々引き上げされており、各法人で介護職の処遇改善が実施されています。また、研修制度や資格取得支援など介護職としてのステップアップを目指せる体制を整えている事業所も多く、介護職が働きやすい環境づくりが目指されています。

選択中の検索条件
  • 名古屋エリア
  • 就労・生活支援員
すべて解除

さらに詳しい条件で検索する